★稲敷市の歯医者さん「おおさと歯科医院」歯周病、小児、予防、ホワイトニング、顎関節症、審美など、歯のお悩みございましたらお気軽にご相談ください。★


「趣味」を表示

壁の向こうのFreedom

僕が高校に進学した30年前の1989年といえば国内外ともまさに激動の年で、日本では昭和から平成に変わり、バブル真っ盛りの中でスカイラインGT-RやフェアレディZなどの280馬力カーが続々と登場して、「巨人はロッテより弱い」という名セリフも有名になりました。実際には近鉄のK藤はそうは言ってませんが。
一方、ヨーロッパでは東欧に民主化の波が押し寄せ、共産主義体制が連鎖的に崩壊していき、マルタ会談での冷戦終結につながっていきました。翌年には東ドイツ、2年後の1991年には「ワルシャワ条約機構」「ソビエト連邦」(懐かしい響き!)まで消滅してしまいました。
僕の高校3年間でガラッと世界が変わってしまいました。
その東欧革命の中でも一番象徴的な出来事がちょうど30年前の今日11月9日の「ベルリンの壁」の崩壊で、高一だった僕は毎日のようにテレビのニュースにかじりついて、興奮していたのをよく覚えています。
そして、「ベルリンの壁」「ブランデンブルグ・ゲート」といえばなんといってもみんな大好き我らが「THE ALFEE」です!
名曲だらけのアルフィーですが、アルバム「JOURNEY」の最後に収録された「壁の向こうのFreedom」は絶品で、ベルリンの壁をテーマにした高見沢のボーカルが美しいバラードです。
アルフィーは毎年、日本武道館でのクリスマス・ライブが恒例ですが、1989年のライブは深夜にテレビ放送されたので(ぜひ発売して!)、ビデオに録画してテープが擦り切れるほど繰り返し見ました。東欧革命直後のライブだったこともあり、「壁の向こうのFreedom」の演奏終了間際にはまさに壊されつつある壁の周りで熱狂する民衆の映像が流され、最高の演出となりました。
壁崩壊前の西ベルリンは東ドイツ国内で周囲を壁に囲まれて孤立した実質的な西ドイツの一都市(実際には戦勝国のアメリカ、イギリス、フランスが管理)で、その西ベルリンを高見沢は歌詞の最後にこう表現しています。
「赤い海に浮かぶ 自由の島で Silent City,West Berlin」
もう、最高ですね!
今でもこのライブ映像はYouTubeで見れます。泣けますよ!

19.11.09 Saturday|カテゴリー:趣味

« 前の記事  |  次の記事 »